検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

SHOPPING CART~現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

ITEM

ACRONYM / 3L Gore-Tex® Pro Interops coat “J1L-GT”

"ACRONYM(アクロニウム)"
ベルリン、ロサンゼルス、ブルックリン、ミュンヘンなど多都市生活を続けながら、BurtonやArc’teryx、TilakやStone Island(Shadow Project)等、テクニカルなスポーツブランドの外部デザイナーとしても活躍してきた”Errolson Hugh(エロルソン・ヒュー)”が手掛けるブランド。

その蓄積によって、アウトドア(スポーツ)やミリタリーといった要素からフィードバックされたさまざまな機能性に加え、ストリートのニュアンスと モード的ニュアンスを併せ持つ、極限まで洗練させた独自のファンクショナルデザインを生み出し、都会でも最先端のファッションレベルでありながら、本当に 厳しい環境に出て行ける“究極の大人の為のトラベルウェア”をリリースし続け、妥協の無いもの作りで現在海外のアーティストはじめファッション関係者から注目されています。

ACRONYM / 3L Gore-Tex® Pro Interops coat “J1L-GT”

GORE-TEX社の次世代に向けて機能面が改良された「3L GORE-TEX PRO(Next Generation Technology)」を用いて、ACRONYMが初めてリリースしたモデル「J1A」をデザインベースにしてオリジナルのパターンブロックにも改良を加えながらロングコートへとアレンジして制作された3L Gore-Tex® Pro Interops coat “J1L-GT”

そのデザインの大きな要となっている、身頃の中央に大胆に施された立体的で迫力のある「Flak Pocket」は、ミリタリーの防護服であるボディアーマーベストやフラックジャケットの機能美をアレンジされており、上からエントリー出来る止水ジップ仕様のスペースの他に、右側からエントリーできるスペースもあって尚且つ、その内側にはキーホルダーのようなツールを装着出来るループを忍ばせております。

左右胸元のポケットは、左側のみ「Lipstick Pocket」というコンパクトなスペースと大口のスペースに分かれ、腰元の左右に配置されたポケットは内部で、前方と後方にエントリー出来る計4つの収納スペースが確保されております。

そして、両袖のジップポケット裏の先端にStocco社の素晴らしい耐久性を誇る高級特殊スナップを施し、収納したケータイなどモバイル機器を片手で迅速に取り出す事が出来る「Gravity Pocket(グラヴィティポケット)」。

「Flak Pocket」と同じくこちらのデザインの要とも言うべき、まるでレイヤードしているようなスタイルが演出された左肩の袖が重なるような仕様に隠れるようにしてジップポケットが施されております。

裏地側にも大きい収納のジップポケットが存在し、外部と内部含めて合計「10」もの収納スペースが備わっており、全てがシーンに合わせて計算されたベストポジションに配置されております。

オリジナルの立体的な仕立てが駆使されたそのフードが頭部を甲冑のようにカバーして雨風を完全に遮断しながら、内部のワイヤーシステムと連結した後頭部のコードを絞ることでさらに頭部を覆い固めつつ、被った状態でも視界が遮られることなく顔の向きに連動してくれる、特殊な立体仕立てが駆使された「Storm Hood(ストームフード)」。

こちらは前と後ろの衿と計4箇所に施されてスナップボタンで取り外し可能となっており、スタンドカラースタイルにアレンジが可能となっております。

襟元からトップにかけて斜めに上がるジッパーと、対称となる衿側の縫製により首元に絶妙なフィット感を提案してくれるスタンドカラーは、裾まで走るメインジップとは別に胸元から首のトップまで走るジップで操作可能となっており、首元まで二重の生地で覆われる前立てになっているので防寒防風面が非常に高くなっております。

その襟元の頂上にかけてまで走るジップと縫製の工夫により、スムーズに且つ綺麗な折り返しで衿が形成されてステンカラーコートのようにも着用イメージをアレンジして頂けます。

そして裾まで走る前立てのメインジップは、消防士が火の移った服を瞬時に脱ぎ捨てられるように開発されたYKK社製の特殊パーツを用いて、フロントジップを下すのではなくトップまで強めにワンクッション引き上げることで上からジッパーが開いていくという瞬時に斬新な脱ぎ方を可能としてくれる「Escape Zip(エスケープジップ)」仕様。

そのすぐ隣の位置で「Flak Pocket」の覆われるようにして隠れた止水ジップが裾まで施されており、開くとレイヤードしたインナーのジャケットから物を取り出せるだけでなく、ショルダーバッグの上からこの“J1L-GT”を羽織った際にストラップを通すことも想定されております。

バック右裾の止水ジップとスナップボタンを開くと大きくスリットとなる仕様により、自身のショルダーバッグを高い機能を誇るそのシェルで覆って雨風から保護し、尚且つバッグを背負ったままでも着用することもそのまま脱いで頂くことも可能なだけでなく、腰元の可動域も広げてくれます。

防風に備えたアジャスターが付くカフス裏のループと、衿裏のジッパーACRONYMのミドルアウターとの連結も可能としてくれる「Modular System(モデュラーシステム)」により、連結したそれぞれのアウターの機能面だけでなくデザインにおいてもより「最高」のレベルへと昇華してくれます。

シェルの内側に装着してショルダーバッグの様にコンパクトに背負えるように提案してくれる、ACRONYMではお馴染みの着脱式の「Jacket Sling(ジャケットスリング)」は着心地も考慮して外側の背中にも装着して頂けるようになっております。

タフさに加えて、前世代のGore-Tex®Pro製品と比較して最大28%通気性が向上した最新の素材を最大限に活かすために、人体の構造を研究しながらテーラーと近代のスポーツウェアの仕立て技術を融合したオリジナルのパターンメイキングや、フロントの裾から開くダブルジップ仕様やバックの左側の裾から脇にかけて走る止水ジップを開くことで身幅が拡張可能なマチ仕様により、そのロングコートスタイルの可動域を限りなく広げております。

これほどACRONYM独自の画期的なオリジナルシステムのほぼ全てを搭載しながらも一切の無駄が感じられない、

「インターフェイスは進化すると透明になる」

という言葉をモットーに追求された限りなくシンプルでありながらも、存在感や迫力が強烈に感じられるというACRONYMにしか成し得ない唯一無二のクオリティで完成されております。

**SIZE**
S/着丈:96.5㎝ 肩幅:43.0cm 身幅:55.5.㎝ 袖丈:66.0cm
M/着丈:99.0㎝ 肩幅:45.0cm 身幅:59.0㎝ 袖丈:69.0cm

**COLOR**
Black

**FABLIC**
・3L GORE-TEX® PRO [Next generation technology]
- (70% Polyamide, 30% ePTFE)

**生産国**
Made in China

**Model**
180cm65kg(Mを着用)
商品コード:
J1L-GT
販売価格(税込):
358,600
  • Size:
数量:
カゴに入れる
ACRONYM / 3L Gore-Tex® Pro Interops coat “J1L-GT” 画像を拡大する

Flak Pocket(Center Front)

ACRONYM / 3L Gore-Tex® Pro Interops coat “J1L-GT” 画像を拡大する

Gravity Pockets(Sleeve)

ACRONYM / 3L Gore-Tex® Pro Interops coat “J1L-GT” 画像を拡大する

Pocket(Shoulder)

ACRONYM / 3L Gore-Tex® Pro Interops coat “J1L-GT” 画像を拡大する

Expansion gusset (Back)

ACRONYM / 3L Gore-Tex® Pro Interops coat “J1L-GT” 画像を拡大する

Interopsǽ zipper(Back)